読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

他人の人生と比較しないで過ごす

先日、またひとつ歳を取りました。

アラフォーともなると皆が様々な人生を生きていて、それをSNSで簡単に見れる世の中になっているから、どうしても人の現在と今の自分の状況を比べてしまうことが今まではよくありました。

 

あの人はその分野の一線で活躍するようになり、メディアに掲載されるようになった。

あの子は3人の子供の母親で子育ても充実していそう。

◯◯さんは独立した会社を最近上場させたらしい。

 

などなど、、、、。尊敬をしている人たちの活躍はSNSの中でとても眩しく、そしてそれほどまで努力も決心もできなかった自分の至らなさを顧みて落ち込んだりもしていました。

 

東京でサラリーマン生活を送るということは、その出世競争から抜きん出て上のポジションを取り合い、より多くの収入と地位を取り合う戦いです。その結果、勝者である他人の人生を羨ましく思ったりすることも不思議ではないと、思っています。

 

ところが沖縄に引っ越してきて初めての誕生日を迎えると今度は逆に友達から、何かと自由(そう)に生きている私に対して素敵だねとか、充実してそうでいいね、のような言葉をもらったりするようになりました。

他人から見える私は沖縄に移住して、のんびり南国暮らしを楽しんでいる人のように映るようです。

 

私の行動を刹那的に思っている人もいるだろうと思います。実際に永住すると決めたわけではないし、結果的に刹那的な行動になる可能性だってあります。それでも、自分がいなくてもちゃんと回っていく会社という組織の中で、ポジションを勝ち取るために消耗していく日々とは違う視線で生きてみたかったのです。

もちろん、目標を早くから定めてぶれずに自己実現ができればそれが一番美しいのですが、すべての人にそれができるわけではないだろうし、目標が違ってたという場合もあるし、寄り道ばかりしてしまう人もいると思います。

 

自分の目標を1点に定めて惜しみなく努力をして、どれだけ時間がかかっても、人には成し遂げられなかったことを達成していった人を心から尊敬しています。

一方で私は場所や時間の自由を求めて、自分の過ごしたい場所で毎日を送ることに意義を見出した人です。違うベクトルで生きている自分と比較しても仕方がないと、徐々に思えるようになってきました。

 

ただし今の状態は、自分の求めていた毎日にはまだ届いていない、それを叶えることに向けて努力をしていけば良いとシンプルに感じます。

それは誰かの人生との比較ではなくて、自分の思い描いた人生に近づくための比較なのだと思います。自分の願いに対して素直に生きることが、他人への嫉妬から解放されるための方法だと今は考えています。

f:id:okinawa_peninsula:20170408212024j:plain

 

沖縄移住にはメンタルの安定が必要

もうすぐ移住後5ヶ月になろうとしています。

ようやく住む地域にも慣れてきました。

 

最初は東京からの移住ショックで、沖縄云々という前に田舎の不便な暮らしに馴染めなかった私ではありますが、それでも徐々に自分のペースで暮らしていけるようになってきました。

もちろん、冬特有の天候で鬱気味になったり、、、していましたが、なんとかメンタルは健康でここまで来ています。

 

今振り返って思うのは、田舎への移住というのは体力的にはさほど影響を及ぼさないのですが、むしろメンタルが安定していないと生き抜くのは難しいということです。

 

なぜ田舎暮らしにはメンタルの安定が必要なのか、、、。

私が考える理由としては、

①都会のように自分を紛らわせる場所はない(=いつも自分と向かい合わなければならない)

②情報、物、人、すべてに於いて入っていくる総量が少ない(=同じ人や物と向き合う機会が増え、不特定多数の人や物と向き合う機会が減る)

 

つまり内外的な変化が少ない環境からは逃れられない中で、自分や近隣の人と向き合い続けなくてはならない点にあるかもしれません。

 

田舎に住むなら変化がなくて当たり前でしょう?!と常識的には思われますよね。私は田舎暮らしの経験がないので、いざ実際に自分がその立場になると、常に同じものと向き合っていくのは精神的な安定とポジティブな視点が必要ということがわかりました。

 

都会の流れで生きていたモノサシでは見つけられないような、小さな変化も見つけられる能力。繰り返される同じような暮らしの中で満ち足りるものを見つける能力。

そのどちらも私には備わっていなかったです、、、。

 

ただ、こうして毎日を過ごすうちに、海の色がほとんど同じ日はないということに気がついたり、毎日の食べ物が自分の体に反映されていることに気がついたり、ちょっと面倒な近隣の人との関係も、集落の安全や安心のための知恵であるとか、以前の暮らしでは発見できなかったモノサシが、少しずつ自分の価値観に入ってきたように思います。

 

都会の暮らしは刺激に溢れていて、目をそらせばやり過ごせることも沢山あるし、見ないように逃げることもできる。田舎の暮らしは、都会の様に逃げ場所がないという点では、最初に息苦しくなるところかもしれませんね、、、。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170406214620j:plain

 

電子レンジとテレビがない暮らしだけど、何も問題なかった。

沖縄に移住を検討した際、あまりの引越し代金の高額さに驚き、荷物を最小限にしようと思って持ってこなかった代表家電、それが電子レンジとテレビです。

 

現代の必需家電の地位を築いているものを所有しなくても生きていけるなら、物理的にも考え方としても身軽になると考えました。

 

●テレビがなくて困る事

テレビはもともとあまりダラダラと見るタイプではないので、引っ越してからもさほど欲しいとは思ったことはありませんでした。今のご時世、ネットでみようと思えば、映画も番組もニュースもある程度は見れてしまうので不便さも今の所ほぼありません。

むしろ習慣で家に帰ってからテレビをつけてしまう事による、不要な雑音が家になくて心が落ち着くかも、、、。

 

ただしCMを見る機会がほとんどなくなってしまったので、新しい商品や時代の流れをなんとなく感じる手段が減ってしまいました。。。通勤電車もないので中吊り広告を目にすることもないし、東京の流行り(笑)にだんだんとついていけなくなるのかと思うと、寂しい気持ちもあります。

 

でも流行りを知ってどうなるんだ?と思うこともあるし、テレビでやっていることだけが流行りの先端というわけでもない(最近はネットで流行ってからテレビが取材してること多いと思いました)ので、情報のアンテナを張っておけばネットからでも仕入れることはできるとは思っています。

 

●電子レンジがなくて困る事と対処法

むしろ電子レンジがなくて本当に生きていけるのだろうか?!と最初は不安でした。

調理済の冷凍食品はもともと買わない主義だったので、その点に関しては不便はありませんが、問題は肉や野菜などの食材を冷凍した場合、どうするのか?という点です。

 

理想を言えば、食材も冷凍することなく旬のものを使い切ったり、保存食に加工したりすれば良いのでしょうが、まだそこまでの食生活の達人にはなっていません。お肉のパックが安ければまとめて買って冷凍しておきたい庶民です。

 

・解凍方法は湯せんでOKだった

 

ケース1:肉

とりあえずいつも通りに肉を小分けにしてラップで包み、冷凍しました。解凍時に色々と考えた結果、湯せんにすることにしました。

解凍方法は、フライパンに少量のお湯を沸かしたあと火を止めてラップのまま数分置くだけです。途中で裏返したりすると満遍なく溶けます。

いざやってみると意外に早く溶けるし、電子レンジのように一箇所だけ解凍されてなかったり火が入ってしまうなどの問題がむしろ起きなくなり、快適でしかも早いです。

 

ケース2:パン

パンも冷凍する際にはフリーザーバッグ等に入れてきっちり蓋をし、そのまま冷凍します。解凍時には肉と同じように湯せんで、蓋つきの小鍋がお勧めです。肉よりはやや多めのお湯に長めの時間をおいておけば、驚くほどふっくらしたまま解凍できます。これは電子レンジよりも優れていると思いました。

 

ケース3:野菜

かぼちゃや大根などのボリューム感のある野菜に関しては、下茹でをしたものを冷凍し、調理時には凍ったまま投入すれば問題なかったです。

 

ケース4:冷やご飯

冷やご飯は炊飯器を保温にして投入しておけば数分後には復活しています。でも基本的には炊きたてを食べたい派なので、そもそも冷凍もしないし、どうしても余ってしまった時だけの対処法です。

 

まとめ〜テレビと電子レンジがなくても十分暮らせます〜

必ず必要かと思っていた家電ですが、なくても普通に暮らせているので家電について考え直してみる良いきっかけとなりました。電子レンジは電磁波もかなり飛んでいるようなので、むしろなくても良いならそれに越した事はないと思ってます。

 

テレビは大きい画面で映画を見たいのでそのうち導入するかもしれませんが、電子レンジはこの先も導入する気にはならないと思います。

f:id:okinawa_peninsula:20170402124755j:image

 

 

読谷村でパンとワインのお買い物。「パン屋水円」「ワインun deux trois」

読谷村はエリアとしてはこじんまりしながらも、コンセプトがしっかりしているお店が多くて面白いです。ビーチも近いし、大型リゾートだけに頼らない街になっていて好きだなぁ〜。

 

沖縄本島でも屈指の有名店という「パン屋水円」に買い物にいってきました。多くのレビューが出ていたので期待度も上がります!

パン屋 水円

沖縄県中頭郡読谷村字座喜味367 

定休日:月・火・水曜日

訪れたのは12時半、すでに10台くらいある駐車場は満車に近かったです。

古民家の素敵な店構え。お店のすぐ前には大きなガジュマルの木が、ガー(昔の井戸ですね)に覆いかぶさるように立っていて、この家が昔から守られてきた土地のような良い気を感じました。

f:id:okinawa_peninsula:20170326155759j:plain

店内はランチで混み合っていて、ほぼ満席。周囲の住宅街には全然人がいないのに、ここには吸い寄せられるように人が集まってきてました。

f:id:okinawa_peninsula:20170326160911j:plain

私は持ち帰りでパンを4つ購入。その日に焼いたもの2つと、昨日のパン2つ(15%ディスカウントでした)。

自家製の酵母を使い、バターを使っていないというどっしりもちもち系の、酵母独特の酸味が楽しめるパンです。

ワインにも合うようなラインナップで買ってみました。

ブラックオリーブ

カシューナッツとくるみ入のライ麦

・バナナ&ココナッツ

・黒糖&チーズ

 

さて、お味は、、、確かに噛めば噛むほど味がでる。

 

黒糖&チーズ

甘めかと思いきや、甘さは控えめで黒糖のミネラルとチーズの塩気、酵母の酸味が相まって複雑な旨みが出ている。これはワインのお供にぴったりじゃないですか!!

 

バナナ&ココナッツ

おやつ系というよりは、ココナッツのコクと生地のほのかな甘みを楽しむパンです。バナナは香りがする程度なので、もう少しバナナの味がして欲しかったかも、、、

 

ブラックオリーブ

オリーブの香りと油分、このちょっと重ための生地の味がよく合います〜。ハイ、つまみ決定。

 

カシューナッツとレーズン&くるみ

これは鉄板の組み合わせで、安心して食べられるおいしさでした。

 

どれもしっかりとお腹にたまる感じの、食事の主役にできるパンだと感じました。これくらいのパンチのあるパンだと、あとはサラダとスープで十分というのもうなずけます。実は私はパンよりご飯派ですが、このパンであれば食事の中に組み入れたいと思いました。

 

つづいてはワインの調達に、、、。

近年できたという読谷のワイン屋さん、un deux troisに立ち寄りました。

un deux trois

沖縄県中頭郡読谷村都屋303−4

11:00〜20:00 木曜日定休

千円代後半〜の品揃えで、オーガニックまたはビオワインに力を入れているようです。カジュアルラインは南フランスのワインが多く置かれていました。

店内の品揃え自体はさほど本数や種類が多いわけではなく、あくまで店主の方のセレクトでオススメのものを出していくスタイルのようです。

お店の方と会話をしながらオススメのものを選びたい方には良いお店ではないでしょうか。

 

お休みの日はワインとパンで少し明るい時間から飲み始めるのも楽しいですね〜。

読谷でのお買い物ルートがお気に入りになりそうです。

 

沖縄の人はボーリングが好き?沖縄生活の娯楽について考える。

沖縄に引っ越して驚いたことのひとつに、打ち上げや忘年会の時にボーリングがコースに入っていたりすることがあります。ボーリング→飲み会、またはその逆のパターンもありです。

 

飲み会があればボーリングとかしなくても良くない?!と関東出身の私は思ってしまうのですが、、、。

 

理由をこちらの人に聞いてみると、沖縄は娯楽がないんですよーという答えが返ってきました。大勢で楽しむ娯楽といえば、昼だったらビーチパーティー、夜だったらボーリングかカラオケがよくあるパターンだそうです。

 

そのためか、中にはマイボールを持っている強者も、、、、!!

内地でマイボールを持っている人がいたら相当ボーリングをやり込んでいるレベルだと思いますが、こちらでは決してマイボールを持つことは特殊なことではないようです。ボーリング場自体の数はさほど多くはないのですが、このボーリング文化には驚きました!

 

よく考えてみれば、別に内地でも飲み会の後にする娯楽といえば2軒目に行くか、カラオケくらいしかないと思うので、状況はそんなに変わらないとは思うのですが、不思議ですね〜。

 

では一体、内地の娯楽にあって沖縄にはない娯楽とはなんだろう???

 

と改めて考えてみましたが、意外になんでも沖縄にあるような気がします。

 

あるもの

日帰り温泉

・キャンプ場

・登山やハイキング

・動物園と植物園

・オーシャンビューのカフェ(内地よりも多し)

・マリンスポーツ

 

少ないもの・ないもの

・映画館(上映作品はかなり限られる)

・多ジャンルの美術館や博物館

・舞台・ミュージカル・コンサートなどの芸術(琉球芸術以外ですね)

・ショッピングやカフェを楽しめる複合商業施設(AEON MALLライカムくらいですかね、、)

・テーマパーク

・散歩が楽しめる街

 

ざっとこんな感じになります。こうしてまとめて見ると、ショップと文化系が圧倒的に少ないということが分かりましたが、反面、自然に関してはいわずもがな豊かです。

 

文化系のコンテンツは個人で楽しむものだと思うので、大勢での娯楽という意味ではどちらもさほど状況は変わらないとは思います。沖縄の方、娯楽は十分にあると思いますよ〜!

 

沖縄の車社会に思うこと

飲食店も色々とある沖縄ではありますが、いかんせん車社会なのでアルコールを楽しみながら徒歩で遊べる距離感の街が、那覇以外にももっとあるといいと思うんですが。

駐車場を前提としてお店を開発すると、内地の大きな資本のチェーン店ばかりができてしまう構造、、、。個人的には、沖縄市コザのシャッター街に少しずつ新しい世代のお店が出来始めている状況に希望を感じています。

綺麗なゲストハウスもできて、ITのスクールもできたし、小さいけど個性的な映画館もあって、カフェも増えている。商店街内であれば小さな資本でもお店が出しやすい状況だとは思うので、若い世代がチャレンジできる街になっていけば多様性があって面白い場所になる可能性を秘めていると思います。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170325143918j:plain

 

 

沖縄移住後1ヶ月間の生活費公開。支出は少ないけど生活満足度は高いです。

沖縄移住した人の家計についてのブログをいろいろと見たりしてきましたが、どうやら私はかなり生活費が安いらしい、、、、。

一例として紹介してみたいと思います。

 

沖縄移住後1ヶ月の生活費(車両費除く)

合計13万1千円

------

家賃(2LDK)=57,000円

インターネット=無料(家賃に含む)

ガス+電気+水道合計=8,000円

通信費(iphone)=2,500円

食材費=12,000円 ※別途野菜のおすそ分けなど多し

酒代=13,000円 ※amazonで購入

オンラインの定額会員費用(音楽・映像・書籍等)=3,000円

習い事(三線・ヨガ)=6,000円 ※週1回ペース

交際費=10,000円

娯楽費(ダイビング)=15,000円

雑費=5,000円

------

となるわけです。

 

・家賃について

2LDKが57,000円でネット込、建物も新しいです。駐車スペースも2台まで無料なので都会の人から見たら信じられない値段だと思います、、、。

 

・食費について

付き合いの外食以外は、ランチも含めて全食自炊というのが効いている様子。職場にはお弁当を持っていってます。

でも節約している気は全くありません。輸入物のちょっと高価なチーズやサラミなども良く買ってます。外食しない分、好きなものを多少高くても躊躇なく買えるようになりました。

東京在住時代は仕事帰りにほぼ毎日外食して帰っていて、月々12万くらいは食費で消えてましたが、、、、(今の生活費合計とほぼ同じですね。。恐ろしい。)人間はやろうと思えばやれるものだと自分に感心しました。

有難いことに野菜の戴き物も多く、日々せっせと自炊をしているお陰で悩みの種だった慢性的な脚のむくみもなくなり、かなり健康になりました!

 

・お酒について

お酒はテーブルワインをamazonで1ヶ月に10本程度購入しています。食事の時に少しずつ飲みたいのでお手ごろ価格のものです。

 

・習い事について

習い事も安いですねぇ、、、。東京でもヨガスタジオに通っていたこともありますが、月々10,000円かかってました。ギターも習ってましたが、それも月々12,000円なので習い事に関しては月間の費用が約1/4になりました。

 

・娯楽費について

ダイビングは趣味なので、冬の今はこの程度ですが夏になったらもうちょっと潜りたいので費用は上がると思います。

 

・交際費

週に1回飲みに行くか行かないか、という頻度です。誰かの御宅にお邪魔することもあるので、お店よりは費用がかかっていないと思います。

 

・雑費について

沖縄移住後に、服を買わなくなりました。。。気温の変動が少ないので、季節ごとに新しい服が欲しいという欲求がほぼなくなりました。たまに、ちゃんとお洒落をして街を歩きたくなる程度です。だから服を買う頻度も減りました、、、

 

・その他の費用について

もちろんたまに海外に行ったりする費用や保険・車両費用などもこの中には入れてませんが、それを入れても支出としてはさほど大きくなりません。

さらに物欲も減っていて、唯一満たされない感じがしているのは都会と比較しての外食くらいで、他は総じて満足しています。

それらを総合的に考えると住居環境が生活に与える影響がいかに大きいかを感じます。都心生活は多大な費用を掛けなければ快適な住居環境を得るのは難しかったですが、地方はそのハードルが低いです。(一方で、都会にしかない豊富な飲食店などの環境は失われることになりますが)自分が生活に求めるものは何か、という点で割り切れるかどうかというバランスの問題だと思います。

f:id:okinawa_peninsula:20170322204041j:plain

 

【実証】ゴールデンウイーク2017の海外格安航空券、これだけ安く買えた

今年のゴールデンウイークの計画はもう立てましたか?

私はもうとっくに、、、実は昨年の夏前にはゴールデンウイークの海外航空券を購入しています。なぜそんなに前に買ったかと言えば、できるだけ安く確実にピーク時に行きたかったからです。その時期はまだ旅行会社のパッケージ商品すら販売されていないので、航空券のみの手配です。

 

今年の日程は特に日並びが良く混雑必至なのはわかっていたので、予め休みが決まっているピーク時には、思い切って買ってしまうのも作戦だと思います。誰も買わないような早い時期に航空券を買えば、ピークシーズンでも手の届く値段で購入可能です。

 

海外航空券はいつから買える?

海外航空券は早いもので出発の330日前から購入可能です。格安航空券が発売される時期はその少し後にずれることも多いので、330日前の発売と同時に最安値になるとは限りませんが、航空会社の正規格安航空券(PEX)の発売開始時期をチェックしていれば、逃さず買うことができるでしょう。

 

航空券の価格は総じて残席に応じて値上がりする仕組みになっているので、ピークシーズンは早いうちに残席数が少なくなってしまう傾向となります。よって、座席数が多い早期に買う方が確実です。

 

検証:どれだけ安く買えたか?

それでは実際にどれだけ安く買えたかを検証してみましょう。

 今年のゴールデンウイークの日程は4月29日(土)〜5月7日(日)で、間の5月1日と2日の平日を休めば最大9連休になります。少しだけピークをずらすために、その前後日の発着を狙ってみました。(その2日分を休めるかどうかが実際には大変だとは思うのですが、、、)

 

行き先:東京発タイバンコク経由サムイ島行き

日程:条件は乗り継ぎ1回、翌日着。無理のない乗り継ぎ時間で。

往路2017年4月28日(金)夜発バンコク泊 翌午前現地着→復路5月7日(日)夕方発 機中泊翌朝着

航空会社:JAL

購入時期:2016年6月(出発の300日前)

価格:航空券代金72,500円 諸税空港使用料5,520円

 

この航空券を出発から40日前となった本日検索すると、同等の条件でJALはすでに空席なし。ほぼ同じ時間帯に出発し、帰りは+12時間くらいかかってしまうANAの航空券代金でも131,500円でした。私が買った金額からは倍近くなってしまっています。

他にも探せば乗り継ぎ2回、翌々日着で大幅に時間がかかる条件で9万円代の航空券(シンガポール航空)もありましたが、それでも私が買った72,500円を下回るものはありませんでした。

 

常識的な時間帯の発着や乗り継ぎでピークシーズンに海外に行きたい方、誰も買わないような300日前くらいに購入を検討してみてください。ただし最安値に近い運賃の席は数も少なく、狙っている人もいることは事実なので、実は激戦です。購入を迷っているうちになくなってしまう(次に検索してみたら値上がりしてた、、、)こともあるので、そこは気合いで購入です。

 

PEX航空券の場合、多くは航空券自体の取り消しが有料でできるので(だいたい航空券価格の30〜40%くらいの手数料を取られますが)予定が変わっても全額無駄になるわけではないです。

 

そうは言っても直前しか予定がわからない。少しでも安く買えないの?

もはや1〜2ヶ月まで手配ができていない人には、大手旅行会社のパッケージプランの方がお得です。旅行会社は座席数を多く抑えてパッケージ商品を作っているので、直前になってからの空席変動に伴う値上がりは避けられます。

 

 

おすすめの航空券の購入サイト

 私がよく比較している航空券の購入サイトを紹介します。

 

海外航空券、格安航空券のオンライン予約サイト【フリーバード/FreeBird】

離発着の便を細かく自分で指定できる点が素晴らしいです。他のサイトはシステムで組み合わせたものだけからしか選べないこともあり、このサイトで見ると、この便も選べたんだ!ということが良くあります。自分の都合に合わせて発着時間帯を選びたい人にはオススメです。

また、本当に空席がある商品のみを表示するので一見すると他サイトより高く見えることもありますが、実は手配を進めるとこちらとほぼ同じ値段のものしか他サイトでも残っていないということが良くあります。

さらに手数料が安い(無いものも有)です。他のサイトと比較してみれば一目瞭然です。

 

他に比較するところは大手のスカイゲート、HISあたりですが、結局は柔軟性が高く、手数料が安く、残席のあるものだけを表示するフリーバードが私は使いやすいです。

 

まとめ

ピークシーズンに旅行が決まっているって、とても楽しいですよ。後から探し始めた人を横目に、現地で何をして過ごすか、プランニングに時間をかけられます。しかも、その人たちよりも大幅にお得な条件で購入できているので、滞在時にもお金をかけられます。

f:id:okinawa_peninsula:20170319154226j:plain