読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

東京カレンダーの綾の物語、苛々するけど東京女子の痛い姿かも

東京のこと

水川あさみさんの主演でドラマ化されるということで話題になっている東京カレンダーの綾の物語。連載当時は私もなぜか気になって見ていました。すごく見たいというわけではなくて、ちょっと呆れながらも気になってついクリックしまうという点で、同年代同性から見ると感心を抱かせる点があるのだと思います。

tokyo-calendar.jp

綾はステータスを求める地方出身の上京者で、就職後に苦労を重ねてひとつづつ都会のステータスの階段を登っていきます。住む街、外資系への転職、付き合う彼氏の年収、彼氏に連れて行ってもらうレストラン。その目的思考は明快でゆるぎなく、ただ階層を登ることだけに集中されています。

綾の話を読んでいると、ひと昔前に流行ったドラマの「やまとなでしこ」を私は思い出します。主演の松嶋菜々子さんが田舎の貧しい家から単身上京して美人CAとなり、結婚により高いステータスを手に入れるために手段を選ばず合コンを繰り返すラブコメディーです。

やまとなでしこ」の放送が2000年だったので、2017年になって17年もの歳月が流れても、都会でステータスのある結婚を望むというのは一定の割合で変わらない憧れとなっているのでしょう。もちろん時代背景は変わったので、職業とかはその時代のトレンドがありますが。

やまとなでしこも綾も、最終的には自分が飾らなくても良い相手との関係に落ち着くところでストーリーが終わります。綾は自分の仕事を貫いている点でやまとなでしことは異なるんですが、選んだ相手に関しては普遍的な流れになっています。

 

自分がどうしてこれを興味を持って見てしまうのだろうと考えると、ひとつは東京に住んでいた頃は、ステータスへの憧れが少なからず自分にもあったから、です。他人のうまくいった話があるのだとすれば、どんな人なのか、どうやったのか、それを覗いてみたいという下世話な好奇心。そして自分にもそんな風にもがいた時期があったなぁ、、、と半ば遠い目ですが、懐かしむ気持ちもあります。いくら自分は他人とは違うとは信じていても、真横で階段を駆け上がる友人を見るのは、なんとも言えない感覚がありました。

もうひとつは、滑稽だと思う気持ち。ふたつの話のヒロインが最後に気づくように、自分のそばにいる人はステータスだけでは計れないという点で、予定調和の水戸黄門を見るように納得したいのではないかと自分では思います。

 

私もかつては都会のステータスに憧れたひとりの女でしたが、気がつけば都会からドロップアウトして沖縄へと移住しました。それは自分の価値観の変化でもあるし、これからの人生への挑戦でもあります。

東京カレンダーの綾さんは40歳という年齢を前にして、急に自分をおばさん扱いして若い子に対して世代交代的な引退めいた発言をするのですが、、、、、私の希望を言えば続編では、地方か実家に移住したりしていて、また新たな人生のステージを発見する物語が見てみたい。 女が40歳で終わるみたいな価値観こそ、馬鹿げているなぁと、近くなってみて実感します。そんな発言をする人に限って本気で思っているんじゃなくて、多分、私って可愛くないからぁーーって人の気を引こうとしているぶりっ子みたいな感覚なんじゃないでしょうか。

f:id:okinawa_peninsula:20170228225512j:plain

 

 

 

プレミアムフライデーは必要?休みを取る人を恨みに思う人たち。

沖縄移住

東京から沖縄に移住して南国暮らしをしてます。

海が好きなので東京在住中から頻繁に国内・海外へと休みの時は飛びまわる1年を送ってました。もちろん仕事もしていて、ただの会社員だったわけなのですが、有給休暇はほぼフルで毎年使ってました。

 

その頃から思っていたんですが、有休が取れないと言っている人は取れないのではなく、取らない・取りたくないということなのだと思います。

休みは宣言してしまえば取れるものです。仕事も事前に段取りをつけておけば、取引先も社内も、ある程度働いた実績がある人ならば予定を空けることができるはずです。あまりに忙しくて取れないと一年中言っている人は、よほど調整能力やスケジュール管理ができない人(仕事ができない人)か、自ら休みを取りたくない意思の人なのだと思います。私の前職の社長だって、年に1度は夏季休暇でいつも2〜3週間くらい休みを取ってました。

 

「取れない」という言葉の背後には、自分だけ休みを取ったら同僚に出し抜かれるかもしれない、休んだら周りの人に迷惑がかかる(と思い込んでいる)、上司に仕事をしていないと思われたくない、残業代が減ってしまう、家に帰りたくない、休んでもすることがない、などの様々なホンネが隠されているように思います。

 

プレミアムフライデーなる取り組みが始まるそうですが、有給休暇の付与日数は多いものの、消化率が圧倒的に低い日本でこれ以上強制的に休みを取らせようとしても、有休すら自分の意思で敢えて取ろうとする人が少ない中で、この月イチの午後休を急に休み始める人が増えるとは私には思えません。

けれども自分の意思で有休を消化できている人にとっては、とってもありがたい制度ではないでしょうか?私が東京に今もいたら、政府が後押しをしてくれてるんだから休みます!とか言ってちゃっかり楽しんでいる派だと思います。

 

職業による差はもちろんありますが、ある程度事前に調整をすれば誰もが休みたい時に休めるような職場にしなければ、お互いが休みを取る人を監視し合い、休みを取る人に対して恨んでしまうような最低の職場になりかねません。沖縄に移住してもなお、私の職場ではそのような事態が発生しそうになっているので、有休エキスパート(笑)の私が率先的にマインドを是正して、みんなが自発的に休みを取れる仕組みを作っていきたいと思います。

f:id:okinawa_peninsula:20170224125158j:plain

 

 

那覇で昼から飲むのなら。〜休日の午後、とっておきの那覇昼呑み案内〜

ワイン 沖縄観光 那覇

お休みの日に昼から飲むお酒って本当に美味しくて幸せです。

それが特に大好きな人たちと分かち合うお酒なら、なおさらです。そんな日の午後に私が楽しんでいる、とっておきの那覇の昼呑みコースをご案内します。もちろん全部徒歩で回れる距離ですよ!酔っ払っても大丈夫です。

PM12:00 晴天にまずは乾杯。

昼の12時。今日はすこぶるいい天気、気温も上がってきたし、まずは美味しいビールが飲みたい!そんな時は迷わず国際通りにあるヘリオス酒造のビアパブへどうぞ。f:id:okinawa_peninsula:20170223220252j:image

 ヘリオス酒造の直営だけあって、サーバーの洗浄もしっかりとやっているように感じます!缶ビールでも飲める銘柄もありますが、ここはそれが生ビールで飲めます!

一押しはビアフェスでも堂々と受賞した名物「ゴーヤードライ」。ゴーヤーというと苦そうに感じますが、飲み口は至って爽快、でもゴーヤーの苦みは旨いかたちで重みとなって飲みごたえのあるビールに仕上がっていると思います。軽すぎるビールが苦手だけど、沖縄の気候に合った爽快なビールが飲みたい!という方にオススメです。

そしてもう一つのオススメ、「青い海と空のビール」。こちらはビールが苦手な方にも比較的呑みやすい白いビール(ヴァイツェン)です。ベルギービールが好きな方なら間違い無く楽しめるでしょう。ベルギーのよりは、フレッシュでコクのある香りが特徴的だと思います。

 

PM1:00 小腹を満たしに立ち飲みへ

小腹が空いたのでそろそろランチを兼ねて別の店に移動します!次は公設市場内にある足立屋。モツ煮込みが美味しいです。千ベロセット(ドリンク3杯、モツ煮込みまたは串揚げ4本セット)で1000円です。これでかるーくほろ酔いになると思います!

f:id:okinawa_peninsula:20170223221250j:plain

昼間から人が(おっさんが)どこからともなく現れてきます。

f:id:okinawa_peninsula:20170223221347j:plain

衝撃!千ベロ居酒屋「足立屋」のとんでもモーニング - 沖縄B級ポータル - DEEokinawa(でぃーおきなわ)

 

PM3:00 そろそろワインが飲みたい。公園の緑を眺めながらスパークリングを。

f:id:okinawa_peninsula:20170223221805j:plain

那覇には最近ワインバーが増えていると聞きます。私が昼から飲みたい時にお世話になっているのが、ここ。グラスワイン桜坂ル・ボワです。昼の3時から開いているワインバーなんて素敵じゃないですか。しかも、ロケーションがさらに素晴らしい。桜坂の公園を望む場所で、緑を見ながらバルコニーでワインが飲める贅沢なスペースとなっています。

日本ワインを中心に、セレクトされたワインや日本酒を楽しむことができます。おつまみもワインに合わせて色々とチョイスできますよ!

本当にここはお気に入りのお店です。那覇に泊まれる時は必ず行きます。

 

PM5:00 まだまだ飲み疲れない!ようやく晩御飯(笑)鉄板の老舗居酒屋へ。

ワインをさらりと楽しんだ後は、本命の晩御飯へと流れていきます。老舗の人気店、小桜です。沖縄料理の居酒屋としては、私は那覇で一番好きなお店です。理由としては、カウンターが非常に良い雰囲気!このお店のカウンターは長年の歴史を吸い取ったカウンターが存在しています。いいバーにはいいカウンター、といいますが、まさにその通りではないでしょうか。落ち着きます。

 f:id:okinawa_peninsula:20170223223254j:imagef:id:okinawa_peninsula:20170223223305j:imagef:id:okinawa_peninsula:20170223223320j:image

お料理もひとつひとつ丁寧です。特に好きなのが、島ラッキョウ!伊江島のラッキョウを手間暇かけて仕込んでいるそうです。だからあまり口に臭さが残らず、綺麗な味わい。ぜひ食べてみてください。そのほかにもソーメンチャンプルーも◎!ニンニクの香りが堪りません!何を食べても美味しいですよ。

小桜の料理は、一人でも食べれるようにハーフサイズも頼めるようになっているメニューが多いです。カウンターでしっぽり一人飲みも楽しめますよ!

 

PM:8:00 シメは餃子!!!

まだ飲むの?と言われてしまいそうですが、そろそろフィニッシュです。シメが食べたくなる時間です。

ここでオススメしたいのが餃子!ラーメンではなく餃子です。

牧志の小桜を後にして、安里駅まで徒歩7分くらいでしょうか、、、、ディープな香りのする餃子屋さんへ向かいます。その名も一番餃子店!中国の方が作る餃子専門店です。

f:id:okinawa_peninsula:20170223224709j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170223224744j:plain

 

焼き餃子は10個で550円です!口に含むと溢れ出る肉汁!極上の中国の点心を那覇で食べられるとは思いもしませんでした。

 

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47016755/

f:id:okinawa_peninsula:20170223224727j:plain

 

食べ過ぎ、飲み過ぎてしまいましたが、那覇で食倒れたい貴方には間違いなくオススメです。お試しあれ。

 

沖縄東海岸の離島、浮原島は穴場の無人島。

うるま市 浜比嘉島 沖縄観光 日本のビーチ

南国と海と島を愛するトラベラーの私は、沖縄本島に移住してからも島への憧れは続いています。有人島無人島、色々とありますが、今日ご紹介するのは沖縄県うるま市にある無人島「浮原島」です。

 

なぜ浮原島を紹介したいのか、、、、それは、無人島の中でも大きく、そして上陸できるビーチが広いという点が素晴らしいと思ったからです。

潮の干満で出現したり消滅したりする砂州のような無人島は実際に行ってみると座る場所はないし、木陰になるような場所もない場合が多いので、はしゃいで写真を撮るだけならいいんですが、くつろぎを求めたい人には不向きです。また、ナガンヌ島はての浜など人気の無人島は多くのメディアに掲載されているため、観光客が多いことを覚悟して行かなければなりません。

・浮原島の場所とアクセスは?

沖縄本島の中部東海岸に位置しています。浜比嘉島ムルク浜から渡し船が出ていて、予め戻りの時間を伝えておけば迎えに来てもらえます。またはうるま市のダイビングショップ「マリンスペース」さんのファンダイブでも休憩時間に上陸することができるそうです。地図で見ても分かる通り、無人島にしてはなかなか大きいでしょう?

 

・ビーチは?

この通りの美しさ!!白く細かく、踏んでも足がめり込まない極上の砂浜です!しかも広い。ここなら、ビーチに椅子やパラソルを置いたりして寛ぐことができます!こんなに美しい無人島が沖縄本島東海岸にあるなんて、驚きますよ。東海岸のイメージは海がきれいではない、、、という方が多いと思いますので、まさに穴場!

f:id:okinawa_peninsula:20170217234456j:plain

手付かずの自然が残ります。この島は実は自衛隊の訓練場となっているため、ビーチ以外は侵入禁止となっています。砂浜で楽しみましょう。

f:id:okinawa_peninsula:20170217234503j:plain

無人島なので当然売店やシャワーなどの施設はありません。出かける際は水分や食料をきちんと持参して行きましょう。

 f:id:okinawa_peninsula:20170217235345j:image

極上の海にぷかぷかと漂って休日を過ごしたい、、、

f:id:okinawa_peninsula:20170217234112j:plain

 冬でもウエットスーツを着れば全然寒くなく泳げますよ。ただし上がったら寒いですけど、、、。

沖縄本島東海岸離島は、観光客も少なく穴場のビーチが点在しています。イメージが変わるほど美しいビーチを、ぜひ確かめてみてください。

 

 

うるま市の人気沖縄料理店「榮料理店」に行ってみた

うるま市 沖縄観光 ワイン

先日、沖縄県うるま市の人気沖縄料理店「榮料理店」に行ってみたのでレポートしたいと思います。

 

「榮料理店」と言えば、食べログでTOP5000に入っている、うるま市の人気店です。

https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470302/47000907/

沖縄料理をベースにした創作料理をいただけます。地元の人に聞いた話では、うるま市でVIPの接待をする際にはこのお店を使うことが多いのだとか。

 

アクセスについて

アクセスは沖縄自動車道の石川インターから5分程度なので、行きやすい立地です。駐車場も多数置ける広さで完備してるので安心です。

沖縄本島への観光であまり石川地区を目指して行く人はいないと思いますが、恩納村などの西海岸のリゾートホテルからも車で来れる距離です(20分くらいでしょうか)。

 

お料理について

アラカルトとコース料理があり、コースは当日入店してから注文できます(2名から)。私は少しずつ色々と食べたかったのでコース料理にしてみました。

値段別に全8品で、2200円、2700円、3200円とあります。

全8品でこの価格はリーズナブルだな〜と感心。

お店の定番料理が集められた2200円のコースをいただくことにしました。

お品書きは以下の通り。

  • 沖縄 季節の先付
  • 本日鮮魚のカルパッチョ オリジナルソース
  • 沖縄野菜のシーザーサラダ
  • ジーマーミ豆腐揚出し
  • 季節素材の温菜
  • テビチ唐揚 南蛮黒酢たれ
  • モズクのティサージ
  • ハスの葉包み炊き込御飯

 

こちらはマグロのカルパッチョ。お魚の鮮度は良かったですが、ちょっと私にはドレッシングの酢がきつかったかな?そのあたりは好みでしょうか。

f:id:okinawa_peninsula:20170216204652j:plain

 

島野菜のシーザーサラダ。このサラダ、とっても美味しかったです!まず島野菜の種類が多く、東京ではなかなか食べられない種類のものばかりです。彩豊かで見た目も美しく、丁寧に素材を扱っている味がします。ドレッシングのチーズは濃厚ですが、野菜の味がしっかりしているので負けてません。サラダをメインのように食べられます。カルパッチョとサラダの2品はキリっと冷やした白ワインでいただきました。

f:id:okinawa_peninsula:20170216204702j:plain

 

こちらは店の定番人気料理のジーマミー豆腐の揚げ出しです。(上に乗っているのは唐辛子ではありません)クリーミーで濃厚ですが、タレが上品な甘さに抑えてあり、クドくありません。泡盛が合いますね。

f:id:okinawa_peninsula:20170216204657j:plain

 

もずく餃子です。さっぱりとしているのに、もずくのエキスが口の中に広がる感じが点心のようでした。新しいおいしさ。

f:id:okinawa_peninsula:20170216204717j:plain

 

ソーメンチャンプルーはバジルソースで和えてあり、イタリアンへのアレンジとなっていました。海ぶどうの食感があるので食べ飽きず、すっと食べてしまえます。

f:id:okinawa_peninsula:20170216204707j:plain

 

てびち唐揚げ南蛮黒酢。実は私はてびちが大変苦手なので、この料理は無理かな〜と思っていたのですが、結論としては美味しくいただけました。てびちそのものが濃厚で脂の多い食材なので、それをさらに揚げて甘辛い黒酢に和えると濃すぎるのでは、、、、とひるんでいました。しかし皮はパリっとしていて北京ダックのようで、てびちの煮込みよりもアクセントがあるので私は食べやすかったです(ドロっとした食感が苦手なので)

f:id:okinawa_peninsula:20170216204712j:plain

 

この後、蓮の葉に包まれたジューシーが出てきてお腹いっぱいです。ジューシーも、蓮の香りに包まれて普通のジューシーとは一味も二味も違いました。

 

お会計は、2200円のコース二人前+白ワインフルボトル1本+生ビール2杯+泡盛1合で1万円。サービスも素晴らしく、気持ち良くお食事できました。食べて飲んで大満足の「榮料理店」、人気店の理由がよくわかりました。

今度は別のコースを食べに行こうと思います!

榮料理店 沖縄県うるま市石川1-27-35 098-964-7733

沖縄の春。やんばるで満開の桜。桜のトンネルの向こうは海。

沖縄観光

沖縄本島那覇からドライブすることはるばる3時間、やんばるの森に桜を観にいってきました。

この時期に咲くのは琉球緋寒桜。

気温は日中で19℃。ついこの前まで東京に住んでいた感覚からすると、4月中旬の陽気です。

f:id:okinawa_peninsula:20170206220530j:plain

大宜味村の六田原展望台へと向かう道には、桜のトンネルができていました!!

f:id:okinawa_peninsula:20170206223212j:plain

桜のトンネルの向こうには、海が見えます!地元の人によると、この坂から夕陽が見えるそうです。夕方の桜鑑賞もいいかもしれません。

トンネルの場所は、ちょっとした穴場となっているそうです。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170206232323j:plain

地元の人に聴いた話ですが、こちらの桜はハラハラと散らず、ボトっと一気に落ちるそうです。だから、ソメイヨシノの花びらが風に舞い散る、花吹雪を見てみたいのだとか。

それを聞いて確かに、千鳥ヶ淵の桜が散って、花びらがピンク色の帯となってお堀に浮かぶ風景とか、晩春の公園で葉桜になりかかった桜が最後に花びらを散らす光景を懐かしく思いました。

ふるさとは 遠きにありて 思ふもの

 

タイ最後の楽園「リペ島」に行ってみたい人へのアドバイス Part3.ダイビング・食事編

タイ ダイビング

前回・前々回とタイのリペ島についてご紹介してきましたが、Part3はダイビングと食事編です。

 

●前回までのエントリーはこちら

タイ最後の楽園「リペ島」に行ってみたい人へのアドバイス Part1.アクセス編 - 沖縄の半島から

タイ最後の楽園「リペ島」に行ってみたい人へのアドバイス Part2.ビーチ編 - 沖縄の半島から

タイ最後の楽園と呼ばれるリペ島の魅力は、3つの異なる性格を持つビーチを自在に行き来できる環境と、タイとしては珍しい真っ白くキメ細かいビーチ、そしてまだ大型の団体旅行客が少ない落ち着いた雰囲気だと思います。

 

●ダイビングについて

日本人のガイドがいるダイビングショップは、私が滞在した2015年はありませんでした。必然的に英語でのガイドとなりますが、ダイビングポイントは島の周辺となり、外洋まで出る船もないため、ダイビングをある程度ストレスなくできるスキルがある方であれば問題なく楽しめると思います。

ビーチは非常に美しいのですが、ダイビングとなると島の周辺は潮流が穏やかなのか、透明度は高くありません。プランクトンも多く、10〜15m程度の透明度でした。

f:id:okinawa_peninsula:20170205220346j:plain

マクロが好きな方であれば割と楽しめるんじゃないでしょうか。透明度が高いのを好きな方やワイド派だとちょっと物足りないかもしれません。

f:id:okinawa_peninsula:20170205220840j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170205222036j:plainf:id:okinawa_peninsula:20170205221058j:plain

 あくまでビーチリゾートがメインで、ダイビングはサブイベントくらいに位置付けるくらいのスタンスであれば楽しめると思います。

私がお世話になったダイビングショップはこちら。大型船で快適なクルージングが楽しめます!屋上にはビーチマットもあり、寝転がってくつろげます。ガイドさんもサービス精神溢れていて、楽しかったですよ!

KO LIPE DIVING - Join us for an experience of a lifetime!

 

●食事について

リペ島はマレーシアの国境に近いタイの離島という地理的な関係もあるのかはわかりませんが、タイ人の経営するお店と同じくらい中華系民族(マレーシアには中華系の移民が多くいます)が営業するお店も多く、全体的に料理が美味しい!と思いました。特にエビやイカの海鮮は鮮度も良く、他のタイ離島よりも火の加減が絶妙?で、ぷりっぷりのエビが食べられます。タイ料理と平行して火鍋を置いているお店もチラホラ。

高級店はありませんが、カジュアルなビーチリゾートのステイとシーフードが好きな方には楽しめる島です。

f:id:okinawa_peninsula:20170205222619j:plain

イカも鮮度が良く、味も良かったです。タイ風の青唐辛子とニンニク、酸味の効いたタレでいただきました。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170205222812j:plain

ヤムウンセンのエビも大きくてプリプリしてます。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170205222921j:plain

大エビも選べます!!エビ好きにはたまりません。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170205223113j:plain

エビの種類が豊富です。

 

●シュノーケルについて

透明度はさほどありませんが、魚が多くいる場所にツアーで行くことができます。また、ランチには船でしか行けないローカルビーチに上陸できたりします。

f:id:okinawa_peninsula:20170205223225j:plain

 

f:id:okinawa_peninsula:20170205223339j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170205224011j:plain

食よし、ビーチよし、島のサイズも適度で車いらず。

裸足のままで、身も心も寛げるタイ最後の楽園「リペ島」。

他のタイの離島にはない魅力があります。

日本からのアクセスはタイの離島の中でダントツに行きにくい場所ではありますが、今までのタイ離島のイメージを変えてみたい方はぜひ訪れてみてください!