読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

沖縄に来て痩せました。知らぬ間にもずくダイエット?!

沖縄移住

いろいろな人の沖縄移住ブログを見ていると、大抵の方は沖縄に来て太った!と書いてあります。しかしなぜか私は痩せてしまったようです、、、、。その理由を分析したところ、3つの要因が浮かびました。

f:id:okinawa_peninsula:20161216221124j:plain

①自分の家の周囲に居酒屋がなく、はしご酒の心配がない

沖縄は居酒屋が大変多い地域で、実は一人あたりの居酒屋の件数が日本一の県になったこともあるそうです。わたしもダイビングや観光で那覇を訪れたとき、南国気分に誘われて歓楽街を飲み歩くのはとっても幸せでした。2軒、3軒飲み歩いてシメはステーキなんてことを繰り返していたら、どんな人でもあっという間に太ってしまうでしょう。その点、私の住むうるま市はよほどやる気がない限り、はしご酒の心配はありません。梯子をするとしても、代行を呼ばなければならないシチュエーションが多く、気軽にハシゴなんでできません。東京の歓楽街が懐かしい気持ちに駆られることもあります!でも今はほぼ付き合い以外は外食はしないし、一人で飲み歩くこともなくなったので、お財布もダイエット、そして摂取カロリーもダイエットに繋がっているのでしょう。

②沖縄料理はカロリーが高い

沖縄そばに乗っている3枚肉は、バラ肉なので脂身たっぷりです。さらにそばにも油が練りこんであります。ソーメンチャンプルーは、そうめんを油で炒めているので、ただでさえ油が練りこんであるカロリーの高い素麺にさらにカロリーをプラスオンしてます。てびちも美味しいですが、コラーゲンと脂身の集大成です。天ぷら屋も多いです。こちらの人はサンマのようなもともと油の多い魚も衣をつけて揚げるのが好きなようで、お弁当を見ると揚げ物のオンパレードになっていることも多いです。沖縄料理はそもそも長寿の秘訣とも言われてきたのですが、それは昆布やもずくなどの海藻、そして島野菜や豆腐、そしてビタミンが豊富な豚肉をバランス良く食べていた時代の食生活の話だと思います。今は時短のためか、スーパーではお惣菜コーナーの充実ぶりがすごく、そのラインナップが揚げ物が多いのです!!(イオンのお惣菜も天ぷらコーナーがすごいです)私は揚げ物が苦手なので、結局は惣菜ではなく自炊に落ち着いていて、それが食生活の改善につながったのかもしれません。

③もずくを毎日食べている→もずくダイエット?

沖縄に来て、安くて美味しいと感じたのがもずくです。私はパックのもずく酢が苦手なので、生もずくを買ってきて自作しています。

もずく酢のずぼらレシピ

生もずくはスーパーでたっぷり300gくらい入っていて200円程度です。鍋に水を沸騰させて、カツオの削り節を入れて出汁をとります。その出汁を沸騰させて、酒、米酢、みりんを好みで入れて酢のアルコール分を若干飛ばし、出汁酢を作ったら、熱いうちに洗ったもずくに投入して、粗熱をとって冷蔵庫で保管でします。タッパで4日くらいは保存できるので、毎食時食べています。お通じもとっても良くなり、空腹感も先にもずくを食べると軽減するので、もしかするとこれがじわじわ効いているのかもしれません。

 

これだけ書いておきながら、実は体重計を持っていないんです(笑)!

でも同じ服を着たときの余裕感が以前とは違うので、明らかに減ってきていると思います。お酒は家で飲むようになり、呑みつぶれることもなくなり、少々高くても好きなお酒を買おうと思うようになりました。実際そのほうが満足感もあるので、深酒をしないものだな、と最近感じております。

さあ、明日もお仕事です!最近風が強いから、少しは収りますように。

f:id:okinawa_peninsula:20161216221317j:plain

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ

広告を非表示にする