沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

コザの街・昼散歩、飲み歩き下見

東京に住んでいた頃から飲み歩きが大好きだったというのに、沖縄に移住してからというものはしご酒をする場所がなく、すっかりご無沙汰していた飲屋街。

実は昨日、コザのミュージックタウンに飲み歩きの師匠(と勝手に呼んでます)、吉田類さんが講演会に来ていたので、それにちなんで本日、コザの街歩きをしてきました〜。(自分は仕事で行けなかったんです。。無念すぎる)

もしかすると吉田さんが昼からロケで飲んでいるかな?などと淡い期待を寄せながら、、、もちろんいませんでしたが。

 

アメリカの文化が息づく街並みと、多国籍な料理屋が並ぶ裏通り、そして沖縄の昔からの店とが混じり合った商店街。自由な感じが楽しい!

f:id:okinawa_peninsula:20170121182733j:imagef:id:okinawa_peninsula:20170121182757j:image

f:id:okinawa_peninsula:20170121182841j:plain

 

まずは有名店の老舗チャーリー多幸寿で腹ごしらえ。沖縄で初めてタコスを売った1号店だとか。地元の人も店内には多くいらっしゃいました。

f:id:okinawa_peninsula:20170121182750j:image

ビーフタコスとチキンタコスを単品で注文して、2個で500円です。3個のセットだと690円になり、ちょっとお得になります。ビーフ、チキン、ツナの3種類から好きなものを選べます。

正直、タコスは有名店だろうが過度の期待はしていなかったんですが、食べてびっくり、ここのタコスはおいしかったです!個人的に気に入ったポイントが3点あります。

1つ目は皮です。揚げてあるのに柔らかく、油っこくないのでするっと食べれてしまいます。

2つ目はレタスがふわっふわに細く千切りされている点です。レタスがひき肉の油と混ざり合って、ひき肉だけでは濃くなりすぎるのをうまく中和しています。

3つ目は、特製のソースです。唐辛子の辛さと酸味がアクセントになり、食べ飽きずに食欲を最後までそそります。

ここまで説明しておきながら大失態で写真を削除してしまったんですが、食べログにもたくさん掲載されているのでそちらをご覧になってください。

 

そして、飲屋街といえばせんべろ!千円でべろんべろんの略ですが、沖縄のせんべろは3杯もつくので本当に千円で酔っ払ってしまいそうですね。那覇の公設市場内にある足立屋もせんべろの店として愛用しています。コザにもせんべろができて嬉しい限りです。

f:id:okinawa_peninsula:20170121182807j:image

 

こちらはコザ麦酒工房。お店で醸造したオリジナルクラフトビールを出す店です。実はこのお店の発祥となったお店が東京にあります。高円寺麦酒工房というお店で、東京にいた頃はよく通っていました。そのオーナーさんの元でかつて修行した方がこちらにオープンしたと聞いています。次は営業時間に飲む体制で臨みたいと思います!

f:id:okinawa_peninsula:20170121190406j:plain

 

こんなこじゃれたダイニングバーも。日本酒も置いてあるようです。沖縄で日本酒が飲める店があまりにも少ないので頑張って欲しいところです。

f:id:okinawa_peninsula:20170121190810j:plain

こちらはイタリアン系のワインバー。開店前なので暗いですが、ずらりとワインがカウンターに並んでいます。これも立ち寄ってみたいと思います。

f:id:okinawa_peninsula:20170121182928j:plain

 今回は下見ということで、昼間のまだ店が開いていない時間帯でしたが、近いうちに久々にはしご酒したいと思います!やはり長年続けてきた生活はなかなか忘れられるものではないし、街が好きなんだな私は、としみじみと思ってしまいました。