沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

日本のビーチ第1位・千里浜なぎさドライブウェイを200%満喫するドライブルート

2016年トリップアドバイザーの日本のベストビーチ第1位に輝いた、石川県羽咋市千里浜なぎさドライブウェイ。2位以下は10位まですべて沖縄県のビーチがランキングされている中で、第1位に日本海のビーチが選ばれたのは私にとっては大ニュースでした。実は私は千里浜なぎさドライブウェイは何度か訪れたことがあるので、沖縄のビーチとはまた違う魅力を紹介したいと思います。

f:id:okinawa_peninsula:20170125223148j:plain

 

車で波打ち際を走れるビーチ

千里浜なぎさドライブウェイは、日本で唯一砂浜の波打ち際を車で走ることができるため、他にはない開放感を味わえるビーチとして人気を誇っています。しかも、標識とか一方通行などの細かい規制はありません!!なんと、両方から自由に入り、すれ違い、通り抜けて良いことになっています。料金も2013年より無料化されました。

事故にはならないの?と思うかもしれませんが、砂浜は広大で全長8Kmにも及ぶため視界も良好。だから追突など起こりようがないのです。

f:id:okinawa_peninsula:20170125223143j:plain

晴れた日にここを車で走り抜ける爽快感と言ったら!!他では味わえないです。砂浜は踏み固められているので滅多なことでは埋まりません。

f:id:okinawa_peninsula:20170125222206j:plain

千里浜なぎさドライブウェイを通ったあとのおすすめルートは?

千里浜なぎさドライブウェイは、その気になれば車ですぐに通り抜けてしまいます。私のおすすめルートは、

 

①まずは小松空港IN、または金沢駅→千里浜なぎさドライブウェイを爆走(60〜90分)

 

②千里浜なぎさドライブウェイ→コスモアイル羽咋(宇宙科学博物館・約10分)ここでしか見れない本物の宇宙船を見学。

子供向けの施設かと思いきや、日本ではここ以外で見られないような旧ソ連時代の宇宙船やNASAの宇宙船の実物を見ることができます。東京でかつて開催されたことのある「宇宙展」のような企画展よりは、よほど充実した希少な内容の展示を見ることができます。宇宙に興味のある人には見て損はないと思います。

f:id:okinawa_peninsula:20170125225508j:plainf:id:okinawa_peninsula:20170125225449j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170125225416j:plain

能登半島を横断し、氷見漁港場外市場で回転寿しを堪能。(35分)

宇宙を堪能したあとは、氷見漁港の場外市場にある人気の回転寿しでお寿司を頂きましょう!ブリのシーズンはもちろん、富山名物の白エビも食べることができました!写真はエビ3種の一皿。土日は混むので並ぶかもしれません、、、。でもリーズナブルで美味しい、幸せな時間が訪れること間違いなし!

f:id:okinawa_peninsula:20170125223155j:plain

 

和倉温泉輪島温泉でまったり温泉三昧!または金沢方面へ。

ここから北上して和倉温泉や、さらに北上して輪島温泉に向かうルートと、南下して金沢に宿泊するというルートが考えられます。金沢はもう数回行った、、、という方は、ぜひ能登半島を旅して欲しいと思います!日本の原風景が広がる里山を体験できます。

和倉温泉は高級な大規模温泉旅館が立ち並ぶ一大リゾート地帯です。輪島温泉はそれに比べて小規模で風情のある宿が点在しています。アクセスを考慮すると、宿泊の翌日に輪島の朝市能登の白米千枚田を楽しみたい方には輪島がおすすめです。

f:id:okinawa_peninsula:20170125223121j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170125223130j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170125223115j:plain

輪島「お宿たなか」の朝食。輪島塗の器でいただく贅沢。

 

輪島のグルメや朝市、そして能登半島の奥、奥能登や今年国際芸術祭が開催される珠洲地方の魅力については、また別のレポートにてお届けします!

 

 

広告を非表示にする