沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

沖縄の春。やんばるで満開の桜。桜のトンネルの向こうは海。

沖縄本島那覇からドライブすることはるばる3時間、やんばるの森に桜を観にいってきました。

この時期に咲くのは琉球緋寒桜。

気温は日中で19℃。ついこの前まで東京に住んでいた感覚からすると、4月中旬の陽気です。

f:id:okinawa_peninsula:20170206220530j:plain

大宜味村の六田原展望台へと向かう道には、桜のトンネルができていました!!

f:id:okinawa_peninsula:20170206223212j:plain

桜のトンネルの向こうには、海が見えます!地元の人によると、この坂から夕陽が見えるそうです。夕方の桜鑑賞もいいかもしれません。

トンネルの場所は、ちょっとした穴場となっているそうです。

 

f:id:okinawa_peninsula:20170206232323j:plain

地元の人に聴いた話ですが、こちらの桜はハラハラと散らず、ボトっと一気に落ちるそうです。だから、ソメイヨシノの花びらが風に舞い散る、花吹雪を見てみたいのだとか。

それを聞いて確かに、千鳥ヶ淵の桜が散って、花びらがピンク色の帯となってお堀に浮かぶ風景とか、晩春の公園で葉桜になりかかった桜が最後に花びらを散らす光景を懐かしく思いました。

ふるさとは 遠きにありて 思ふもの

 

広告を非表示にする