読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

沖縄東海岸の離島、浮原島は穴場の無人島。

うるま市 浜比嘉島 沖縄観光 日本のビーチ

南国と海と島を愛するトラベラーの私は、沖縄本島に移住してからも島への憧れは続いています。有人島無人島、色々とありますが、今日ご紹介するのは沖縄県うるま市にある無人島「浮原島」です。

 

なぜ浮原島を紹介したいのか、、、、それは、無人島の中でも大きく、そして上陸できるビーチが広いという点が素晴らしいと思ったからです。

潮の干満で出現したり消滅したりする砂州のような無人島は実際に行ってみると座る場所はないし、木陰になるような場所もない場合が多いので、はしゃいで写真を撮るだけならいいんですが、くつろぎを求めたい人には不向きです。また、ナガンヌ島はての浜など人気の無人島は多くのメディアに掲載されているため、観光客が多いことを覚悟して行かなければなりません。

・浮原島の場所とアクセスは?

沖縄本島の中部東海岸に位置しています。浜比嘉島ムルク浜から渡し船が出ていて、予め戻りの時間を伝えておけば迎えに来てもらえます。またはうるま市のダイビングショップ「マリンスペース」さんのファンダイブでも休憩時間に上陸することができるそうです。地図で見ても分かる通り、無人島にしてはなかなか大きいでしょう?

 

・ビーチは?

この通りの美しさ!!白く細かく、踏んでも足がめり込まない極上の砂浜です!しかも広い。ここなら、ビーチに椅子やパラソルを置いたりして寛ぐことができます!こんなに美しい無人島が沖縄本島東海岸にあるなんて、驚きますよ。東海岸のイメージは海がきれいではない、、、という方が多いと思いますので、まさに穴場!

f:id:okinawa_peninsula:20170217234456j:plain

手付かずの自然が残ります。この島は実は自衛隊の訓練場となっているため、ビーチ以外は侵入禁止となっています。砂浜で楽しみましょう。

f:id:okinawa_peninsula:20170217234503j:plain

無人島なので当然売店やシャワーなどの施設はありません。出かける際は水分や食料をきちんと持参して行きましょう。

 f:id:okinawa_peninsula:20170217235345j:image

極上の海にぷかぷかと漂って休日を過ごしたい、、、

f:id:okinawa_peninsula:20170217234112j:plain

 冬でもウエットスーツを着れば全然寒くなく泳げますよ。ただし上がったら寒いですけど、、、。

沖縄本島東海岸離島は、観光客も少なく穴場のビーチが点在しています。イメージが変わるほど美しいビーチを、ぜひ確かめてみてください。

 

 

広告を非表示にする