読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の半島から

20年間住んだ東京から沖縄へ移住。南国と海を愛するトラベラー。

透明度は世界一?!抜群の美しい海のロタ島を応援したい

ダイビング 海外のビーチ

沖縄から更に南に下って、グアムとサイパンの間にある小さな島、ロタ島。

マリアナ諸島の一部で、アメリカの自治領になっています。

ロタ島は大きなリゾートホテルもなく、レジャー施設もありませんが、限りなく透明度が高い美しい海と空を堪能できる自然豊かな島です。

 

近年、日本からのグアム・サイパンへの旅行者が激減しているというニュースを見ました。


旅行者総数が減っているわけではなく日本人が減っているという話です。ツアーを安くしすぎて利益が取れなくなった航空会社が直航便を減らしたため、価格の上昇につながり、客足が離れているという内容でした。

 

確かに日本から3時間かけて3泊4日のツアーに行くとしても、値段が沖縄ツアーより高ければ客足は遠のきますよね、、、。

それでも、ロタ島には沖縄にはない魅力があります!現地でお仕事されている方は大変かもしれませんが、応援の意味でも魅力をご紹介したいと思います。

 

ロタ島旅行をおすすめしたいのは、こんな人です

①豪華なリゾートよりも自然を感じられる素朴な島が好き

②世界屈指の海の透明度を体験してみたい

③フレンドリーな地元の人と触れ合いたい

 

①豪華なリゾートよりも自然派

ロタ島にはリゾートホテルは1軒しかなく、他は小規模のホテルが数件あるのみです。サービスの行き届いたリゾートホテルでのんびり過ごす、、、というよりは、マリンアクティビティや島の散策、トレッキング、バードウォッチングなどのアウトドアを楽しみたい方にはおすすめです。特にバードウォッチングは世界的に有名な地域のようです。

観光客も少なく人口が少ないため、街が静かで落ち着いています。治安も良いですよ。

f:id:okinawa_peninsula:20170301222249j:plain

夕暮れはこんな空を眺めることができます。空の透明度も高く、色の鮮やかさが違うんです。かなり前に撮った写真ですが、No色補正です!!!

 

②世界でも屈指の透明度が高い海

ロタの海は近隣のグアムやサイパンよりも一段と透明です。これは現地の方も言っています。通常でも50m、良いときは100m近く遠くまで見えるという、、、日本でこれほどの透明度の高い海は未だに見たことがありません。

その美しさたるや、水中に入ったことを忘れるほどです。私は初めてロタの海に入ったときに、あまりの美しさに声を上げてしまいました。こればかりは一度体験してみないとわからないですね。

f:id:okinawa_peninsula:20170301222442j:plain

世界的に有名なダイビングポイント・ロタホールの凄さ

他のエリアでもこのような穴の地形ポイントは多く存在しますが、このロタホールが突出しているのは、水面から水底までの距離が長いのと、穴の直径が大きい、そして抜群の透明度です。この3点が兼ね備わっているため他地域にはないスケールの大きい、そして輝きがクリアでぼやけのない光の筋を見ることができます。写真ではなかなかそのスケールは伝わりませんが、その光の筋を眺めているとダイヤモンドのような輝きで、涙がでそうになるほどの美しさです。私はこれまで地上や他の縦穴ポイントでここまでの感動を得たことはありません。

f:id:okinawa_peninsula:20170301221439j:plain

 太陽の角度により、光が差し込むシーズンが限られてます。ロタホールを目当てに行く際はご注意ください!2月〜10月くらいまでと聞いてます。

 

全然伝えきれてないので、

プロのカメラマンが撮影した特集もご覧ください。→

http://tsumishima.com/soraweb/2015/06/02/55_201505_Rota.pdf

 

なおロタホールは小説ムーンナイトダイバーの表紙にも使われてました!

ムーンナイト・ダイバー | 天童 荒太 |本 | 通販 | Amazon

f:id:okinawa_peninsula:20170301222150j:plain

 

 

③島民がフレンドリー

ロタ島に着いて一番驚いたこと、、、、それは、島民がめちゃくちゃフレンドリー!

 

送迎の車に乗っている時、向かい側から来る対向車に対して手を上げて挨拶をする島民同士、、、。そして、島内を自分たちが歩き回っているときも、みなさん手を上げて挨拶をしてくれるではないですか!この島では誰もが挨拶をし合うという素晴らしい風習がありました。

 

初めて訪れたのは大晦日の夜。島民たちは自分たちのお庭でパーティーをしていましたが、通りがかりの私のような旅行者まで、缶ビールや焼いたチキンなどを振舞ってくれました。

 

次に訪れた際は村のお祭りの日でした。宿のおじさんが薦めてくれたので会場の公園にたどり着くと、バフェが用意されていて長蛇の列。島民だけでなく、旅行者までも食べさせてくれて、お祭りの催しも見学できました。

f:id:okinawa_peninsula:20170301222431j:plain

f:id:okinawa_peninsula:20170301222351j:plain

 

 旅の途中で出会う人の優しさに、そして見ず知らずの人にも挨拶を交わしてくれるこの温かい島に、心を打たれて帰りました。

 

 

ロタの旅行情報


f:id:okinawa_peninsula:20170314141052j:plain

 

広告を非表示にする